プレス部品や機械加工部品の量産処理用連続熱処理炉は処理物の材質や形状により、種々の形式があります。
サーマルの連続炉は、国内外に数百基の実績があり、あらゆる分野で活躍しています。またご要求により、貴社の製品サンプルの実験・試作を行ない、最適条件をご提案できます。

BCE(A) - ステンレス光輝熱処理炉

BCE(A) - ステンレス光輝熱処理炉

ステンレスの光輝処理に最適の連続炉

用途
ステンレス鋼の光輝処理(オーステナイト系の焼なまし・固溶化処理、マルテンサイト系製品の焼入れ硬化、フェライト系の焼なまし)
特徴
  • ステンレスを還元性雰囲気にて処理することにより表面の微量の酸化物も還元し、光輝処理が可能。また、オプションで雰囲気循環式冷却機構(急冷機構)を装備可能。
  • 真空炉と違いCrなどの蒸発・蒸着がなく、加熱時間が短く冷却時間が速いので、機械的性質と耐食性が優秀
温度
1100℃
開口幅
60~450mm
加熱長
600~5000mm

BCE(B) - 無酸化炉中ろう付炉

BCE(B) - 無酸化炉中ろう付炉

金属製品の接合には、フラックス不要の無酸化炉中ろう付が最適

用途
無酸化炉中ろう付
特徴
  • ノーフラックスでのろう付が可能
  • 無酸化熱処理ができ、後処理の酸洗いが不要
  • 同時に多点のろう付が可能
  • ろう付と同時に焼入れ及びろう付後の浸炭焼入れが可能
温度
500~1150℃
開口幅
60~600mm
加熱長
600~10000mm
対象母材とろう材
  • 母材 ― ステンレス、合金鋼、鉄、鋼、耐熱鋼、ニッケル合金、真鍮、アルミニウム
  • ろう材 ― 同、リン銅、銀、金、真鍮、ニッケル

BCE(E) - 電子部品焼成炉

BCE(E) - 電子部品焼成炉

電子部品焼成のさまざまな場面に対応する連続加熱炉

用途
電子部品の焼成
特徴
  • 低温タイプ 100~300℃
  • 中温タイプ 450~600℃
  • 高温タイプ 800~1000℃
雰囲気コントロール
Air、H2、N2、CO2、Ar
温度
100~1000℃
開口幅
60~300mm
加熱長
60~3000mm

BCEについての詳細は右のボタンからご確認下さい

設備詳細に関しましては右のボタンからお問い合わせ下さい