サーマルの熱処理

サーマルの熱処理設備は、金属(鋼及び非鉄金属)を中心にあらゆる分野に向けて加熱技術を提供しております。
加熱源は精密な制御が可能な電気抵抗加熱を利用しております。
鋼の熱処理では多品種で小ロット少量生産設備を得意とし、ステンレス鋼に対しては光輝熱処理及び大量生産を得意としています。

鋼の熱処理

鋼の熱処理とは、様々な形に加工した金属を使用目的により、硬くしたり、柔らかくしたりして、形を変えずに性質を変える処理です。

対象処理物(代表例)
鋼の熱処理
冷間工具鋼 かしめ曲げ、深絞り、鍛造、ダイス、刻印
熱間工具鋼 ダイキャスト、鋳造型、鍛造、ダイス
高速度工具鋼 ドリル、エンドミル、タップ、リーマ、プラスチック用、射出成形型
治工具 各種測定子、コレットチャック、ポンチ
各種部品 ギヤ、バネ、クラッチ、ベアリング、ネジ、チェーン
製品 メリヤス針、釣り針、ポケットナイフ、包丁、鋸

光輝熱処理

一般に熱処理は処理物を金属の変態点以上の高温にするため、表面が空気中の水分及び酸素と結びつき、酸化という現象を起こします。
これを光輝(光り輝く状態の銀白色)状態にすることを光輝熱処理と言います。

対象処理物(代表例)
光輝熱処理
熱処理 生産品
焼きなまし フレキシブルパイプ、自動車部品用パイプ、腕時計部品、ベローズ、各種プレス部品
固溶化処理 ステンレスパイプ、洋食器、腕時計のステンレス製バンド、各種プレス部品
焼入れ 包丁、鋏、ディスクブレーキ、工具、各種刃物、小型モーター用マイクロシャフト
ろう付け 熱交換器、自動車部品、油圧機器、ガス器具、建築部品、農機具部品、ステンレス製フィルター

非鉄金属の熱処理

非鉄金属も基本的には鋼と同じで、熱処理(加熱と冷却の組み合わせ)をすることにより形状を変えずに性質(硬さ、柔らかさ、伸び)を変化させる目的で行われます。

対象処理物(代表例)
非鉄金属の熱処理
種類 銅合金、アルミニウム合金、チタン合金、金、銀
生産品 コネクター材料、接点材料、車のホイール、メガネフレーム、アクセサリー、自動車部品、航空機部品